HOME>ホットトピックス>脱毛の主流となっているレーザー脱毛の特徴

目次

医療機関でしか受けられない

腕

半永久的にムダ毛が生えなくなる「永久脱毛」は、医療行為とみなされているため日本では、医療機関でしか行うことはできません。脱毛といえば女性が行うケアというイメージがあるかもしれませんが、最近は男性専用の脱毛クリニックも増え、男性も永久脱毛を受ける人が増えています。

レーザーでの脱毛が主流

サロン

医療機関で行われている永久脱毛は現在、黒い色に反応する特殊なレーザーを使った「レーザー脱毛」が主流となっています。レーザー脱毛は男性の濃いヒゲやムダ毛も毛根から脱毛でき、施術時間が短いなどのメリットがあるため、多くのクリニックで導入されています。

青ヒゲも解消できる

ヒゲを剃ると剃り跡が青々となる、いわゆる「青ヒゲ」に悩んでいる男性も少なくありませんが、このようなヒゲの悩みもレーザーでの永久脱毛で解消可能です。毛根からヒゲを脱毛することができるため、青ヒゲにもならずレーザーで永久脱毛を行うことで、清潔感や好感度がアップします。

全身脱毛も可能

レーザーでの永久脱毛はヒゲの処理だけでなく、腕や脚など全身のムダ毛を脱毛することもできるので、全身脱毛を選択する男性も少なくありません。全身脱毛といってもムダ毛をツルツルになるまで処理するのではなく、毛量を減らすといった活用方法もできます。全身のムダ毛をレーザーによる永久脱毛で処理することによって、カミソリなどで自己処理する必要もなくなります。肌が弱く自己処理をするとカミソリ負けをしてしまうという男性も、レーザーでの永久脱毛はおすすめです。